MV−CONpro 

 E-mail: mvcon@busline.jp

 株式会社 バスライン
  お問い合わせ電話
    0465-39-1000

 

   無線とセンサーを活用した動画のIoTシステム
   動画作業標準作成ソフト「MV-CON」

「テクニカルショウヨコハマ2018」開催2018年2月7日(水)〜9日(金)3日間で

展示しますのでお立寄りください。

なお、デモの訪問を承っておりますので、E-mailでのご連絡をお願い致します。

E-mail mvcon@busline.jp

     

 MV−CON pro(動画作業標準作成ソフト)について

□ MV−CON(動画作業標準)開発経緯 □

 作業現場の経験から生まれたこだわりの製品です。

弊社バスラインは、創業50年の企業です。

創業時は自動車部品製造大手企業の下請けで、多品種少量製品のアッセンブリー工場をしておりました。

当時はパソコンなどなく、手書きによる紙ベースの各工程の作業標準書を作成しそれを基に16年間「モノ作り」を経験しました。

このような経験を基に、平成19年に地元大手企業様より今回の動画標準作成ソフトの開発を依頼され完成したものを、 更に3年有余改良を続けpro版として完成した製品です。

今回発売にあたり呼称を「MV-CONpro」(ムブコン)としました。

 弊社は30年前こんな
製品の組立をしてました。 

 

MV-CONproを導入すると次のようなメリットが考えられます。

●1、技能伝承

   BCP(事業継続計画・業務継続計画)を国は策定をしています。

   絶えず専門職の技能伝承することにより事業、業務を中断することなく非常時に対応できます。

●2、新人教育

   出入りの頻繁な作業工程の新人(代替要員)の教育担当者の時間的解放実現。

   新規採用あるいは、人事移動時の教育の一環としての使用。

●3、作成コスト削減

   統一画面表示(非オリジナル) 短時間に数多くを低コストで実現。

   専門的知識不要 低工賃化。

   仮に1つのテーマーを作成すると、このソフト購入費以上のコストが掛かることは明白です。

●4、定期点検作業

   作業頻度の少ないものは忘れがちで、これらの作業の動画化。

●5、ユーザー管理

   管理者、編集者、抽出者、認証者、一般利用者の設定機能

●6、拡張、オプション

   オプション機能の追加を低価格でお受けいたします。

   また、数多くのオプションを考えておりますのでご相談下さい。

Copyright (C)株式会社バスライン All rights reserved.